マンション担保ローン 借り入れ 不動産担保ローン

マンション担保にして借入

  1. マンション担保でお金は借りられる
  2. ローン返済中のマンションで担保借入はできる?
  3. マンション担保借入の金利と返済期間
  4. マンション担保の借入の際の審査について
  5. 借入時よりも返済のことを考えて

マンション担保でお金は借りられる 

マンションも自分名義であれば、普通の不動産同様に担保で借入ができます。
一般的に不動産活用ローンはカードローンよりも低金利で多額の借入ができるとされています。
しかし、利用限度額は、その不動産やマンションの評価額によって変わります。
ですから、実際に相談をしてみないと、借入金については不明です。
一応マンションでも、金融機関によって不動産の価値がある場合の借入になります。

 

銀行や消費者金融などで受付をしていますが、審査に関しては、カードローンと同じように銀行の方が厳しいでしょう。
不動産はあるけれど、一定収入がなければならないのはもちろんですが、原則的に総量規制対象外の借入ですが、多重債務者の場合、審査が通らないこともあります。

 

それで返済能力があれば、消費者金融などでは比較的審査は通りやすいです。
審査機関が1ヶ月かかる銀行と比較して、消費者金融の場合数日での審査が完了することもあります。
ですから、すぐにマンション担保で借入をしたい方は、消費者金融に相談してみると良いでしょう。

 

最近では、マンション担保ローンの専門業者も多いですが、中には悪質業者も多いとされていますから、きちんと業者をリサーチしてから行くようにしましょう。

 

▲戻る

ローン返済中のマンションで担保借入はできる?

マンション担保ローンの場合、そのマンションそのものがローン返済中では借入はできるでしょうか?
まず、ローン中ということは、抵当権がついていて、今度の借入で第2抵当権になります。
ということは、第2抵当権の範囲がどのくらいあるか?もしくはゼロの可能性もあります。

 

仮に、ローン中のマンション担保が良いとしても、第2抵当権で借入可能額が極端に少ないことも考えられます。
マンションそのものの価格も関係しますが、ローンの返済期間はまだまだある、金額も高い場合は、もし借入ができたとしても利用限度額が少ないこともあります。

 

ちなみに銀行などでは、この第2抵当権を嫌うところが多いです。
要するに、ローン返済中のマンション担保の借入はできないということです。
ただし、例外として、そのローンの返済が少額の場合、マンション担保借入金の一部でローン完済をすることを条件に、マンション担保借入に対応することがあります。

 

要するに、融資額の一部でローン完済、マンション担保借入だけが残り、第1抵当権になるということです。
そのマンションローンがその銀行扱いであれば、より有利な展開になります。
ですから、最初からマンション担保ローンで、ローン返済お断りの金融機関であったとしても、問い合わせをしてみてください。
取引のある銀行などでは相談に乗ってくれるかももしれません。

 

▲戻る

マンション担保借入の金利と返済期間

マンションも一軒家と同じ不動産と考えれば、不動産活用ローンとして借入は可能な金融機関は多いです。
評価額の6,7割程度が利用限度額となります。
ただし、この評価額は金融機関が規定するもので、いわゆる市場での評価額と違うことがありますので注意が必要です。
消費者金融では、第2抵当権としての借入ができることもあり、銀行などでマンションのローン返済中であっても、借入に対応してくれるところもあるようです。

 

ですから、マンション担保の借入で思ったより融資限度額が少ないと感じられるのは仕方のないことですが、相談先の金融機関を変えることで、融資額が大きく変わることもあります。
銀行の場合、審査も厳しいですが、審査機関も長く1ヶ月前後かかることも多いです。
もし急いで借入をしたいのであれば、不動産活用ローンの専門業者か消費者金融に相談に行くことをオススメします。
この場合のデメリットとしては、銀行よりも金利が高いことにあります。
また、マンション担保などの不動産活用ローンの特徴として、多額の借入ができる変わりに返済期間が長く設定することにあります。

 

ですから、消費者金融などの高い金利の場合返済総額も多額になってしまうことがあります。
それでもカードローンや普通の消費者金融のキャッシングと比較をしても金利は安いですから、その点での安心感はあります。
10年以上の返済期間で、返済総額が多額になることを承知して、マンション担保の借入を考えてみましょう。

 

▲戻る

マンション担保の借入の際の審査について

自宅を担保にしてお金を借りる不動産活用ローンのメリットは、

  • 低金利
  • 比較的借りやすい

などです。
担保があることで、金融機関の審査としては、総量規制対象外となることが多いため、多重債務者でも借入ができることはあります。
ただし、一定の収入があることは原則としてあるようです。
無職の場合、マンション担保の評価額が高いとしても、不動産活用ローンが出来ず、売却を勧められることもあります。

 

金融機関としては、マンションがほしいのではなく、返済にかかる金利を回収が大きな目的です。
担保とされたマンションにしても、売却時には競売するにしても価値は下がっています。
ですから、借金はあってもマンション担保の借入は可能ですが、返済の約束ができる保証がなければダメなのです。
そのための審査ですが、収入に応じて、利用限度額が下がることもあります。

 

価値のあるマンションだとしても、返済を目的としている場合、多額の融資額の提示は金融機関としてもなかなかしてくれないようです。
特に銀行の審査は厳しいですから、ほしい融資額に達しないこともありますので、注意してください。

 

一方、消費者金融の場合、その審査はゆるいとされています。
一定の収入の審査は変わりませんが、融資額などは高くなることがありますが、金利は少し高めです。

 

▲戻る

借入時よりも返済のことを考えて

カードローンなどは無担保貸付です。
不動産や貯金の有無などは関係なく、その方の借金情報と収入の審査だけで、借入が可能です。
一方、マンション担保や不動産活用ローンに関しては、諸手続きが多いです。
担保物件の審査の他に、抵当権などの手続きですぐに回答ができません。
ただし、借金があったとしても、もし借入額が少なけれど、金融機関では対応してくれることも多いです。

 

返済に関しても、カードローンよりも低金利ですから、計画的な返済をしていくことで、必要な融資を受けることができます。
返済期間が長く、それだけ返済総額も多くなりますが、もし途中ですべて返済可能なお金があれば繰上返済などにも対応してくれる金融機関も多いです。
しかし、この際には手数料などがかかりますから、順調に返済した方が良い場合もあります。

 

マンション担保の評価額は、金融機関の規定に準じることになります。
極端な差はありませんが、消費者金融や不動産活用ローン専門業者の方が比較的高いとされています。
マンション担保の借入をお考えの方は、一社に決めず、数社の候補を挙げることをオススメします。
その際にも借入可能な融資額と総返済額を確認してください。
ポイントとしては、可能な金額な同じな場合、返済総額の違いです。
10年、20年となる可能性が高いことから、シミュレーターなどを使い計算をして比較検討することで、正確な数字を出すことが大切です。

 

▲戻る