マンション担保 お金を借りる リスク

マンションを担保にしてお金を借りるリスク

不動産担保ローンを利用する事で自分の持ち家(マンション)を担保にして
価値相当の融資を受けられるわけですが

 

実際の利用された方は返済額が大きくなるような借り方はしたない事を推薦されていました。

 

何故ならば

 

・返済出来ない場合家を競売に出されてしまうから
・担保に出していた家が競売に出され売れても融資した額つまり現在のローン残高より下回っている場合、それは重たい借金となる。
・支払いが出来ず信用性を失うとブラックになってしまう難点。

 

これらの問題にぶつからない為にも、計画的に考えて申し込みが必要だと思います。

 

大きいお金が例えその時動いても返済が出来ないと
後々、自分の大きな物件(家)が競売によって動いてしまっては意味がありません。

 

マンションなどを担保にしてお金を借りる事で比較的低金利で借りれる利点などはありますが
審査が通常の一般金融の借り入れより長い点や利用時にかかる初期費用を考えるとこの不動産担保ローンとは慎重に判断又は選びたい所であります。

 

支払いを続ける事が困難になった場合は自己破産をせざるを得なくなる為、ある意味考え方によっては危険な融資方法ですね。

 

合法だし、公式の大手の会社が取り扱っているサービスではありますが
ある意味もしもの事を考えると自分は大変怖いなとも思ってしまいます。