ローン中 マンション担保 お金借りる

ローン中のマンションでも担保にできる可能性はある

ローン中のマンションの担保は不可能なことではありません。
不動産担保ローンとして、対応する金融機関もあります。

 

不動産担保ローンとは、マンションなどの不動産を担保にして借入をするローンです。
無担保のフリーローンと比較をして金利は低めで、返済期間が長いのも特徴の一つです。

 

こうした不動産担保ローンの仕組みから、たとえローン中のマンションであったとしても、第1抵当権の余力があれば、第2抵当権としての借入が可能になります。
ですから、マンション購入すぐの借入は難しいですが、ある程度の返済があれば、余力分の借入の相談ができます。

 

不動産担保ローンは銀行、消費者金融、不動産担保ローン専門業者などで取り扱っていますが、たいてい銀行では第1抵当権でなければ、借入ができないところがほとんどです。
ですから、消費者金融や不動産担保ローン専門業者で第2抵当権での借入になることが多いですが、銀行よりも高い金利であることが多いです。

 

その点の承知があれば、物件によっては、ローン中のマンション担保のローンができます。
抵当権の条件が細かく指定されることも多いため実際に行ってみないとわからない点も多く、まずは問い合わせと実際のマンションの状況を知ることが必要です。
なお、担保のあるローンについては、必ず書類の書き換え名での手数料がかかります。
これは別途支払いになるか、実際のローン金額から引かれることもあります。

ローン中のマンション担保でお金借りる記事一覧

根抵当権のマンションの場合の対処

抵当権には根抵当権が存在しています。これは、普通の抵当権とは違います。例えば、マンション購入の際に、根抵当権の住宅ローンを利用した場合、金融機関では、その上限額に対して、手続きなしでの借入ができる仕組みになっています。つまり、他の金融機関での抵当権を受け入れない形を取ってしまいます。ですから、マンシ...

≫続きを読む

第2抵当権はOKだとしても、さらなる条件もある

不動産担保ローンでは、第2抵当権であったとしても、借入ができる消費者金融なども多数あります。ですから、ローン中のマンションであったとしても、融資受付はしています。ただし、金額が問題になります。抵当権が付いているという事は、そのマンションの評価額が決まっていて、借入額がそこから計算されます。もし、まだ...

≫続きを読む

マンションを担保にしてお金を借りたい その目的は?

不動産担保ローンは、フリーローンですから目的は問われません。ですから、事業資金になどにも多額の融資ができることが多いです。ただし、ローン中のマンションの場合、新たなローンが第2抵当権になることから、それにも問われない不動産担保ローンなら、借入ができます。この不動産担保ローンのメリットは金利が低く返済...

≫続きを読む

総量規制も関係することがある

マンションを担保にしてお金を借りたいけれど、まだローン中。そのような場合でも融資OKの金融機関は多いです。根抵当権ではないマンションであり、第2抵当権でも融資ができるところを探してください。このよう名不動産担保ローンは、総量規制対象内の融資になります。住んでいるマンションを担保として借入をしたい場合...

≫続きを読む