第2抵当権 OK 条件

第2抵当権はOKだとしても、さらなる条件もある

不動産担保ローンでは、第2抵当権であったとしても、借入ができる消費者金融なども多数あります。
ですから、ローン中のマンションであったとしても、融資受付はしています。
ただし、金額が問題になります。
抵当権が付いているという事は、そのマンションの評価額が決まっていて、借入額がそこから計算されます。
もし、まだそれほどローン返済をしていないマンションだとか、借入したい金額がもう抵当権が入らない限度いっぱいの場合は、たとえ第2抵当権が可能だとしても、お金の借入はできないことになります。

 

この評価額については、各金融機関での規定に則って判断をされます。
A社では1000万円、B社では800万円という差がありますが、借入したい金額に見合うかどうか、それは金融機関の判断を待つしかないことになります。
あまり多くない借入ができたとしても、抵当権などの手続きで、手数料などの支出が多い場合、借入そのものの意味もなくなることになります。

 

今回のマンションの担保の借入の目的にもよりますが、もしローン返済ができないときには、ローン返済をしている金融機関に直接相談されることをお勧めします。
その上で、担保ローンの相談ではなく、返済についての話になります。

 

そうではなく、現金がほしい場合には、無担保フリーローンなとの利用しかできないことになります。
また、今現金がなければ、ローン返済も生活もおぼつかないのであれば、債務整理をしなくてはならないことになり、マンション担保どころの話ではなくなってしまいます。

関連ページ

根抵当権のマンションの場合の対処
抵当権には根抵当権が存在しています。これは、普通の抵当権とは違います。例えば、マンション購入の際に、根抵当権の住宅ローンを利用した場合、金融機関では、その上限額に対して、手続きなしでの借入ができる仕組みになっています。
マンションを担保にしてお金を借りたい その目的は?
不動産担保ローンは、フリーローンですから目的は問われません。ですから、事業資金になどにも多額の融資ができることが多いです。ただし、ローン中のマンションの場合、新たなローンが第2抵当権になることから、それにも問われない不動産担保ローンなら、借入ができます。
総量規制も関係することがある
マンションを担保にしてお金を借りたいけれど、まだローン中。のような場合でも融資OKの金融機関は多いです。根抵当権ではないマンションであり、第2抵当権でも融資ができるところを探してください。