根抵当権 マンション 対処

根抵当権のマンションの場合の対処

抵当権には根抵当権が存在しています。
これは、普通の抵当権とは違います。
例えば、マンション購入の際に、根抵当権の住宅ローンを利用した場合、金融機関では、その上限額に対して、手続きなしでの借入ができる仕組みになっています。
つまり、他の金融機関での抵当権を受け入れない形を取ってしまいます。

 

ですから、マンション担保にして、ローン返済をしている金融機関が抵当権を付けることができないようにしています。
事業者が、取引している銀行などて、継続的な借入をする場合、便宜上根抵当権にすることがありますが、住宅ローンもそのような形をとることがあります。

 

この場合、金融機関の入る隙間がないことから、ローン返済をしている金融機関意外のローンや抵当権ができないことになってしまいます。
その根抵当権を外すにはローン完済しかないことになります。

 

そこで、根抵当権のマンションの場合は、その金融機関に不動産担保ローンの相談に行くことをお勧めします。
対外上、そのような仕組みがないとしても、それまでのローン返済が順調だったり、新たな不動産担保ローンの返済見込みがあると判断された場合には、融資を受けられることがあります。

 

もし今回の融資が、マンションのローン返済のためである場合は、マンションのローンそのものの見直しをすることもありますから、他の金融機関ではなく、返済している金融機関での相談が必要になります。
もともと、根抵当権となっている場合は、利用限度額の借入を受け入れることが多いですが、それまでの返済状況によるようです。

関連ページ

第2抵当権はOKだとしても、さらなる条件もある
不動産担保ローンでは、第2抵当権であったとしても、借入ができる消費者金融なども多数あります。ですから、ローン中のマンションであったとしても、融資受付はしています。ただし、金額が問題になります。
マンションを担保にしてお金を借りたい その目的は?
不動産担保ローンは、フリーローンですから目的は問われません。ですから、事業資金になどにも多額の融資ができることが多いです。ただし、ローン中のマンションの場合、新たなローンが第2抵当権になることから、それにも問われない不動産担保ローンなら、借入ができます。
総量規制も関係することがある
マンションを担保にしてお金を借りたいけれど、まだローン中。のような場合でも融資OKの金融機関は多いです。根抵当権ではないマンションであり、第2抵当権でも融資ができるところを探してください。