マンション 担保 お金を借りたい 目的

マンションを担保にしてお金を借りたい その目的は?

不動産担保ローンは、フリーローンですから目的は問われません。
ですから、事業資金になどにも多額の融資ができることが多いです。
ただし、ローン中のマンションの場合、新たなローンが第2抵当権になることから、それにも問われない不動産担保ローンなら、借入ができます。

 

この不動産担保ローンのメリットは金利が低く返済期間に余裕があることです。
第2抵当権でもOKの融資の場合でも、返済をきちんと行うことができれば、何の問題もありません。
イメージとしては、多重債務のような形です。

 

マンションのローン、新たなマンション担保ローンも支払えないことになれば、競売物件になってしまい、第1抵当権が回収の権利を持つことになります。
第2抵当権でも良いと言うのは、そのよう名事も承知した上での融資になります。

 

最初からそのようなことが予想されるのであれば、新たなマンション担保ローンは考えたほうが良いでしょう。
ローン返済のためのローンは、多重債務の中でも最悪魔のパターンです。
破産を先送りしている状態なので、まずはマンションローンの金融機関での相談が必要です。
そこでの返済の軽減を行うことで、このあとのマンション担保ローンが必要のない状態にするのが得策です。

 

担保のあるローンは、金利も安いですが、手数料が結構かかります。
その出費を考えとしても、何のための借入をしたいのか、マンションローンの返済であれば本末転倒であり、担保ローンそのものを見直す必要があります。

関連ページ

根抵当権のマンションの場合の対処
抵当権には根抵当権が存在しています。これは、普通の抵当権とは違います。例えば、マンション購入の際に、根抵当権の住宅ローンを利用した場合、金融機関では、その上限額に対して、手続きなしでの借入ができる仕組みになっています。
第2抵当権はOKだとしても、さらなる条件もある
不動産担保ローンでは、第2抵当権であったとしても、借入ができる消費者金融なども多数あります。ですから、ローン中のマンションであったとしても、融資受付はしています。ただし、金額が問題になります。
総量規制も関係することがある
マンションを担保にしてお金を借りたいけれど、まだローン中。のような場合でも融資OKの金融機関は多いです。根抵当権ではないマンションであり、第2抵当権でも融資ができるところを探してください。