総量規制 関係する

総量規制も関係することがある

マンションを担保にしてお金を借りたいけれど、まだローン中。
そのような場合でも融資OKの金融機関は多いです。
根抵当権ではないマンションであり、第2抵当権でも融資ができるところを探してください。

 

このよう名不動産担保ローンは、総量規制対象内の融資になります。
住んでいるマンションを担保として借入をしたい場合、総量規制が関係します。
金融機関で、この条件で融資ができると判断したとしても、既に消費者金融などからの借入があり、毎月返済している方の場合は、マンション担保のローンの利用はできないことになります。
ただし、住んでいない物件などについては、大丈夫です。
居宅以外で、ローン中のマンションからの借入については対応しています。

 

また、抵当権の余力も金融機関の評価額で査定されることになります。
1000万円の評価額に対して、第1抵当権で800万円使っていたとすると、200万円の融資しかないことになります。
その点についても確認が必要です。

 

総量規制範囲内ということで言えば、返済計画がきちんとしていなければ、返済そのものも苦しくなっています。
融資に関しては、必ず返済にのことを考慮して、申込みをしなければならないことになります。
マンションを失うことがないように考慮してください。

関連ページ

根抵当権のマンションの場合の対処
抵当権には根抵当権が存在しています。これは、普通の抵当権とは違います。例えば、マンション購入の際に、根抵当権の住宅ローンを利用した場合、金融機関では、その上限額に対して、手続きなしでの借入ができる仕組みになっています。
第2抵当権はOKだとしても、さらなる条件もある
不動産担保ローンでは、第2抵当権であったとしても、借入ができる消費者金融なども多数あります。ですから、ローン中のマンションであったとしても、融資受付はしています。ただし、金額が問題になります。
マンションを担保にしてお金を借りたい その目的は?
不動産担保ローンは、フリーローンですから目的は問われません。ですから、事業資金になどにも多額の融資ができることが多いです。ただし、ローン中のマンションの場合、新たなローンが第2抵当権になることから、それにも問われない不動産担保ローンなら、借入ができます。