マンション 担保 借入

マンション 担保 借入 関連記事

  1. マンションでお金を借りる 不動産担保ローンの可能性
  2. 審査が通りやすいって本当?担保ローンのメリット
  3. ビジネスローンと不動産担保ローン 事業性資金の選択
  4. 借り入れしなければ良かった デメリットについて
  5. ローン返済は計画を立てて

 

マンションでお金を借りる 不動産担保ローンの可能性

不動産担保ローンは、大きなお金が必要な時に便利です。
個人でも、事業性資金でも用途は問わないです。
カードローンは無担保です。
審査も厳しい、返済リスクが高いのですが、金融業者としては、担保がある分審査も甘くなります。

 

不動産担保ローン、不動産活用ローン

本質的にカードローンとは違います。
担保や保証人を差し出すことで、返済できなかったら、これをお使い下さいと出すものがあります。
融資にしても、その担保の評価額から計算ができますから、ある程度損を減らした取引ができます。
三井住友トラストなどでは、大手銀行の不動産担保ローンとして商品がありますが、カードローン申込とは少し状態が違います。
不動産は、土地建物、マンション、山林など価値あるものであればなんでもOKですが、借り入れ額については、保証できません。

 

そのマンションの価値、ご存知ですか?

不動産の購入資金は、その時勢によって大きく上下します。
何十年前はバブルでとても高い価値でしたが、現在は大きく下落しているということは多いです。
自分のマンションの価値をきちんと把握しておくことが必要です。
融資されるのは、不動産価値の6〜7割程度、その上各種手数料がかかります。
ですから、1000万円の価値のあるマンションで、1000万円の借入は不可能であることは良く認識することが必要です。
今の価値を調べる方法ですが、一括査定などがあります。
金融業者は独自の査定を行うことになり、たいてい市場よりも低い査定になることは覚悟が必要、思ったより融資額が下がると思ったほうが良いでしょう。

 

マンション担保ローンの審査

カードローンなどと審査内容は同じです。
収入がないと審査対象にならないですが、返済能力が示すことができれば、審査要件はクリアできます。
返済ができなければ、不動産を貰えば良いわけで、収入がない方でも審査はできます。
そのマンションの価値が高ければ、返って審査条件は良くなるといえます。
購入時、1000万円のマンション。
価値が上がり何倍にもなっていることもあれば、反対に半分になっている場合もあります。
不動産担保ローンの申込みをした時の価値により、融資額が決まり、返済ができるのであれば、OK。
カードローンの審査基準より甘いのは確かです。
ただし、固定資産税などの税金未払いの場合は、審査落ちの原因です。
また、住宅ローンなどで抵当権 のあるマンションなども回避する金融業者もあります。
第1抵当権が条件ということです。
カードローンにはない不動産担保ローンの特徴ですが、マンションオーナーである場合、無職でも借りれる融資です。
カードローンの多重債務のまとめローンなどにも使えるなど用途も大きいですが、返済計画はきちんと立てておくことが必要です。

 

▲メニューに戻る

 

 

審査が通りやすいって本当?担保ローンのメリット

マンションなど不動産を持っている方は、融資の方法として、不動産活用ローンなどの利用ができます。
もしマンションを持っているのなら、金融機関では、返済能力の高さを借入の審査として判断をします。
マンションや土地を保有している時点で、信用情報にブラスが付きます。
それを担保とすることで、より返済能力が高い方の申込みになり、審査が通りやすいです。
メリットの多いローンです。

 

審査が甘くなる

担保そのものの存在で借入の審査基準が甘くなると考えて良いでしょう。
カードローンで審査落ちでも、マンション担保なら受け入れられる場合も多いです。

 

個人向けだけではなく、事業性資金でも対応できます。
カードローンより金利が低い、融資額が大きい(不動産評価額による)などが
あります。
会社の運転資金調達のため、ビジネスローンなどは金利も高くなかなか手が出ない場合、会社や代表者のマンションの不動産担保ローンなどで一時的にお金を作るのもありです。
個人事業主などで、カードローンの融資限度額が低い、なんとかまとまったお金がほしい時の不動産担保ローンは有効です。
価値が高いほど、融資額は上がりますが、地域的な要因が大きく、大きな都市ほど多く借入ができるのは当然です。
地方によっては、評価額の価値がない場合もあります。

 

申込条件

カードローンの審査と違い、属性はあまり問いません。
無職の方であっても、返済能力を示す事ができれば原則的に審査通過です。
ブラックリストの場合は、簡単ではないのです。
多重債務者などは、他社借入件数が多いとしても、こちらの返済ができなければ、不動産売却で最低限の損はしない内容です。
審査は寛容であり、うまく行けば多額の融資額も期待できます。
個人情報では、20歳以上の返済能力があれば対応です。
住宅ローン支払い中のマンション、抵当権が入っている場合も申込みができるところもあります。
そうした場合、たいてい金利は高くなります。

 

まとめローンとしての利用

マンションの価値が高いのなら、まとめローンの利用もありです。
消費者金融などのまとめローンは審査が厳しいですが、不動産担保ローンでお金を作り、完済してしまうことで、低金利の返済ができます。
返済期間の設定も長く無理のない返済をしていくことができます。
良い物件なら評価額は高いですが、一部だけ借りる方法などもできます。

 

マンションを持っているのなら、借入先の一としての選択はオススメです。
無担保と違い審査も緩やかで、もし返済ができなくなったとしても、自分の信用情報内容が悪くなってしまいますが、マンション売却で解決します。
新たな借金を作らないというのも大きなメリットです。

 

▲メニューに戻る

 

 

ビジネスローンと不動産担保ローン 事業性資金の選択

事業性資金は、銀行融資、ビジネスローンなどがあります。
運転資金がどうしても必要な場合、金利の低い融資申込みから行うのですが、なかなか審査が通らない。
ビジネスローンはカードローン並の金利の高さ。

 

マンションで不動産担保ローン

返済計画を立てた上で、毎月の返済額を少しでも減らしたい。
しかし、金利が低く融通の利くローンと言えば、不動産を担保にするローンです。
一定の評価のあるマンションなどで、担保にした時に7割程度の融資額が受けられます。
借り入れ条件で、事業性資金としても良いです。
教育資金、リフォーム資金、納税資金など用途は自由ですが、融資額が大きく返済期間も長く設定可能です。
カードローンに行く前に、是非考えてみて下さい。

 

積極的な審査

金融機関にとっては、担保があるローンは審査も楽です。
査定、評価した上で融資額は決まりますが、“自社が損をする”貸し方は絶対にしません。
返済不能になった時に確かにもとが取れる内容での貸付になります。
しかし、マンションを出汁に完済まで行ければ儲けがあるということですから、審査もとおりやすく、カードローンよりも融資額が多いことが多いです。
もし、マンションなどがあるのなら、資金源としては、不動産担保ローンがおすすめです。

 

即効性がない

ただし、すぐに借りれるものではありません。
消費者金融のカードローンのように即日融資をしているところは少ないです。
地元だったり、調査が素早い場合でも、数日はかかります。
運転資金、今すぐほしいから不動産担保ローンはできないです。
東京スター銀行などの銀行の不動産担保ローンは低金利ですが、1ヶ月程度かかる場合もあるとか。
融資額が大きい、審査が甘いとしても、すぐ使える資金がでないことには使えないです。

 

カードローン経由不動産担保ローン

速攻でお金がほしいからカードローン、そして、不動産担保ローンの申込みもありです。
ビジネスローンなどで、公的資金の審査時間がかかる間につなぎ資金として使用することがあります。
不動産担保ローンも時間がかかるから、カードローンで先に借りるのもありです。
しかし、最近では、スピード審査でそんなにかからないことが多いです。
不動産があると担保をすることで得をすることが多いと考えて良いでしょう。
反対に、カードローンなどで破産しそうになった時、不動産担保ローンをしようと考えている方も多いでしょう。
しかし、超ブラックの時の審査では、不動産担保ローンでもそう簡単ではないです。
金融事故も多ければ審査落ちもあります。

 

▲メニューに戻る

 

 

借り入れしなければ良かった デメリットについて

マンションを担保にしてお金を借りる。
担保の価値相当分の融資額になります。
無担保ではないので、カードローンより低金利、審査もゆるいので、銀行などでも申込みしやすいです。

 

ある時、突然の連絡

「評価額が下がりましたので、追加担保か返済をお願いします」と金融機関からの連絡が来ます。
マンションの価値で1000万円と評価され、融資額が700万だったとします。
借り入れが700万円の契約ではなく、1000万円のマンション価値と見ます。
ですから、評価の見直しで900万円に下がったとしたら630万円の借り入れしかできない計算になります。
ということは、700万円満額で借り入れしていた場合、70万円の差額が生じて、追加担保か元金70万円分の返済を迫られるのです。
反対に価値が上がると、借り入れに余裕が出ます。
返済計画が大きく揺れるのですが、ローン返済中のこうしたアクシデントには用心しておいた方が良いでしょう。

 

返済ではないと売却

当然返済ができないと、マンションを手放すことになります。
それで、返済必要もなくなります。
メリットのようですが、カードローンなら返済分の債務整理の方法があります。
不動産など担保を失うこともなく、保証人に迷惑をかけることもないです。
返済も順調に行けば良いのですが、途中何があるかわかりません。
もともと融資額が大きかったり、返済負担を減らすため返済期間も長くしています。
無理をせずに、相談されることをおすすめします。

 

何かとかかる手数料

不動産を担保にすることは、手数料と手続が必要です。
時間とお金がかかります。
融資全体の3%程度は最低限かかります。
カードローンなどにはないものであり、1000万円の借り入れでは最大30万円程度がかかってしまうということです。
また、完済後も手数料が必要です。
手数料ではないのですが、税金の支払いは続けていくことになります。
また、未納での審査では、融資ができないです。
借り入れ条件として、税金未納はNGです。
契約者の信用情報以上に税金に対してはうるさいです。
途中未払いになったとしても良い状態ではないです。

 

事業性資金の調達方法として何かと便利なマンション担保借り入れですが、デメリットも当然存在します。
物件によっては、思っているより多くない融資だったり、金利もカードローンと大差ない場合もあります。
当然ながら、金利は銀行などでは高く、ノンバンク系の消費者金融などでは審査も甘くなって金利は高いです。
長い返済になりますから、しっかり確認が必要です。

 

▲メニューに戻る

 

ローン返済は計画を立てて

住宅ローンの支払い最中でもマンションを担保とした借り入れができます。
抵当権が第1にこだわらない場合のみです。
ただし、根抵当権のものについては、不動産担保ローンの入る余地はないです。

 

審査が甘いと

抵当権がたくさんついてしまう。
自分マンションを担保として借り入れをしたい時、まだ住宅ローンがある。この時、昨年買ったマンションの借り入れはできないです。
ある程度返済していることが条件です。
そして、借入額は購入金額より下がり、自身が返済した分が評価されることになります。
それでも、住宅ローンをはらっているマンションでのローンは可能です。

 

価値観が違う

マンションを担保にしてお金を借りる。
これは以前は、不動産担保ローンなどは大いに盛り上がっていた商品でした。
今商品というよりは、不動産屋や信販会社でも簡単にローンを組むことできます。
バブル時代では、土地やマンションは持っていれば宝でした。
今はそんなことはないのですが、金融機関としては、未だに不動産担保ローンに関しては、収益の上がるローンとして対応しています。
金利は低いのですが、手続などで高くなっていることもありますし、借りる側としては、返済できないと売却の恐れがあります。
それは、金融機関では安心材料であり、甘い審査は健在です。
高い金利はカードローンより低いですが、融資額が多く返済期間が長いと返済総額が高くなってしまうことに気がついていない方も多いです。

 

担保がある幸せ?不幸?

それでもマンションでお金を借りることができるのは助かります。
それがない露頭に迷う場合もあります。
無担保ローンのような手軽さはないのですが、返済できない時は失う時という覚悟での申込みをオススメします。
担保割れをしてしまい、追加したりすることもありますが、担保物件があることは、お金作りの選択肢が多いということです。
事業性資金の場合も高い金利のビジネスローンに頼ることなく、自身でお金作りができます。

 

三井住友トラストなどは審査が厳しい

不動産担保ローンではなく、不動産活用ローンとして、大手の銀行の担保ローンは低金利ですが、審査は厳しいです。
申込みなどはインターネットでできますが、甘い審査ならノンバンク系です。
審査も早く、融資もすぐですが、金利は高め、カードローン並のところも少なくないです。
ただ、どうしても資金調達、運転資金などの時は仕方のない選択になりますが、返済計画を経ててから申込みがオススメです。

 

▲メニューに戻る