マンション 担保 借金

マンション担保に借金

今の借金をマンション担保ローンで減額させませんか?

今借金を抱えている方の中で、マンションを保有している方に、不動産活用ローンをご紹介します。
借金の種類にもよりますが、

  • 少し多額である
  • 多重債務である
  • 金利が高い
  • 一定の収入がある

方については、全ての借金をマンションを担保とする不動産担保ローンにすることで、返済額が減少する可能性があります。

 

消費者金融や銀行カードローンのキャッシングは、どうしても10%を超える金利ですが、不動産を担保とするローンは、多額であるほど低金利です。
10%以下の金利も珍しくありません。
多重債務の方の場合、バラバラの返済日に金利であることで、毎月の返済そのものが他変だと感じられている方も少なくありません。

 

そうした多重債務を一つにできるマンションを担保としたローン、まとめローンにすることで、返済日も金利も一つで管理することができます。
そして、その返済が苦しくない状態であれば、少し返済額を多くすることで、短期間の返済が可能になります。
おまけに金利が低くなる分、返済額も大幅に減少させることができます。

 

不動産担保ローンや不動産活用ローンのほとんどが総量規制対象外の借金になりますから、一定の収入があれば審査も通りやすいと言われています。

マンション担保に借金記事一覧

マンション担保で借金 その条件は?

マンションなどの不動産を担保にして借金ができます。金融機関の不動産担保ローンですが、高額な借入れと低金利が魅力の一つです。借金と言っても、総量規制対象外になり、返済中の消費者金融やカードローンがあったとしても、相談に乗ってくれます。多額の借金で、これらの債務を一括して返済をするまとめローンとしても利...

≫続きを読む

手数料ありのマンション担保ローンだけど…

借金の手段としては、カードローンなどが手軽です。申し込みをするだけで、金融機関の審査に通ればOKです。マンションなどを担保にする不動産担保ローンの場合は、金融機関では、担保物件の評価額を決め、融資限度額を指定した上で、抵当権をつけるなどの手続きをします。そのため、不動産担保ローンでは、手数料が発生す...

≫続きを読む

融資条件は第1抵当権 ローン中のマンション担保ローン

マンションを担保にしてお金をかけることができますが、ローン中のマンションでも対応ができます。マンションローンの最中は、抵当権が既にある状態ですが、それでも返済がある程度進んでいれば、第2抵当権をつけることは可能です。ローン中のマンション担保ローンについては、第2抵当権になることを承知できる業者である...

≫続きを読む

返済計画はきちんと立てることが必要

担保物件がある借金については、問題はその担保の内容です。不動産活用ローンでは、土地や建物に対しての評価額に見合う融資をすることを言いますが、マンションの場合一定の地域が限定されていることがあります。また、古すぎる一軒家なども対象外とされることもあります。あくまでも銀行や金融機関の評価額がポイントでは...

≫続きを読む