マンション 担保 融資

マンションを担保にして融資を受ける方法「不動産担保ローン」

マンション経営には大きな費用が必要となるので、ローンを受ける方が多くいらっしゃいます。
様々なローンがございますが、中でもオススメなのが不動産担保ローンです。
不動産担保ローンについて、ご紹介致します。

 

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、不動産投資を行うアパートやマンション等を担保にし、金融機関から融資を受ける事を指します。
住宅ローンとは貸付の目的が違い、不動産投資に対し特化したローンとなっております。
住宅ローンの場合本人の年収等の返済能力を重視され審査されますが、不動産担保ローンの場合は担保物件への事業の状態を審査されるので、事業の採算性や可能性などが重要視され審査の対象となります。

 

審査は住宅ローンよりも厳しい

不動産担保ローンの場合は、アパートやマンションの経営を行っていく上で、平坦な流れで経営されていく事が保証されておりませんので、継続的な返済に不安要素が高いと判断されてしまいます。
その為、不動産担保ローンの審査は住宅ローンより厳しめとなってしまいます。

 

住宅ローンより金利が高め

不動産担保ローンは住宅ローンより金利が高めであり、2〜5%程の金利となります。
こちらの理由も審査の厳しさと同様、返済に対し不安要素が多いという理由から、金利は高めの設定となっております。
しかし、アパートローンよりは金利はお安いので、アパートローンよりは断然不動産担保ローンの方がオススメとなります。

 

少ない資金で不動産投資を行う事が出来るきっかけとなる

不動産の購入には多額の費用が必要となりますが、不動産担保ローンを使う事で少ない資金で不動産購入が可能となります。
少ない資金のみで高利回りを得る事が可能となり、好循環で投資に大きな効果を得る事が可能となります。
資金が多くなくても、いい不動産物件と出会えれば即座に不動産投資を始める事が出来る、という事となります。

 

不動産担保ローンの審査が通りやすくなるポイント

不動産投資ローンは審査が厳しい傾向がありますので、審査有利となるポイントを掴んでおく事はとても重要となります。
審査が通りやすくなるポイントを、ご紹介致します。

 

貯金が多くある

貯金を多くお持ちの方は、万が一家賃収入が上手くいかなくなっても自己資金で返済を賄う事が出来ますので、返済能力がある方と審査されます。
融資を受ける際、その金融機関に預金がたくさんある事はとても有利となります。
不動産担保ローンを受ける金融機関に預金額が多い場合、他の条件が満たされていなくても審査が通る場合があります。

 

年収が高い

年収が高ければ、家賃収入が上手いか無くても返済が可能となりますので、返済能力がある方と審査されます。
不動産担保ローンの場合、年収の5倍程が借入金額の目安とされております。
また、500万円の年収の方というのが、一つの基準となっております。

 

勤務制の属性の高さ

勤務先が一流企業の場合、収入も多く安定した返済が可能な人と判断されます。
会社の規模や資本金、売上高等、これらのポイントが高い上場企業であれば、融資を受けるにあたり有利となります。

 

不動産投資物件の収益性が高い

不動産投資物件の収益性が高い場合、賃貸であっても売買しても返済出来るという判断をされますので、信用性が高くなります。

 

一般的なサラリーマンの場合、年収500万円以上が1つの審査の判断となりますので、500万円×5倍=2,500万円が借入金額となります。
また、不動産担保ローンをご利用の際は、様々な手数料や費用に物件価格の5〜7%程かかります。
これらの手数料は融資でカバーできませんので、現金で用意するようにしなければいけません。
2,500万円の物件購入の際は、手数料などの費用に別途150万円程かかるという計算となります。

 

不動産経営の際の不動産担保ローンのデメリット

様々な利点が多い不動産投資ローンですが、残念ながらデメリットもございます。
特に不動産経営の際にご利用した場合は、様々な困難にぶつかってしまう事もあります。
不動産経営の際の不動産担保ローンのデメリットは、これらが挙げられます。

 

アパートやマンションに空室が多くなると、家賃収入が少なくなるので返済に困る

不動産担保ローンをご利用の際は、毎月の家賃収入によりローンの返済をされる方がほとんどです。
ある程度の満室を想定して返済計画を立てるので、空室が目立ってしまうと返済計画が崩れてしまいます。
空室が多くなって家賃収入により月々の返済が難しくなってしまうと、貯金を返済に回さなくてはいけなくなってしまいます。
空室が長く続いてしまうと返済が大変となってしまいますので、注意が必要となります。
空室の心配は、空室保証をご利用する事で解決できます。

 

不動産物件を売却した場合残債が残ってしまう場合がある

不動産投資物件は賃貸にて毎月の家賃収入により投資としますが、何らかの理由により不動産物件を売却しなければいけない場合も発生してしまいます。
その際、売却金額が不動産担保ローンの残債より低い場合は、不動産が手元にないのに残
債だけが残ってしまう事があります。
その場合、貯金等により残債分を支払う事が出来れば問題ありませんが、支払う事が出来ない場合支払いに困ってしまいます。

 

支払いが滞ってしまうと建物を失ってしまう

返済が滞ってしまうと、担保としている不動産物件を取られてしまいます。
例えば、それが自宅としている物件であれば、自宅を取られてしまうという事となってしまいます。
不動産担保ローンは、そのようなリスクも抱えているという事を踏まえて、ご利用する事を肝に銘じなければいけません。

 

即日融資は出来ない

ローンでよく目にする即日融資という文字ですが、不動産担保ローンでは該当しません。
不動産担保ローンでは、仮申し込みから融資の実行まで1か月程かかります。
時間がかかる理由は、不動産担保物件の評価額を査定したり抵当権の設定など、あらゆる時間と手間がかかる審査が多いので、どうしても時間がかかってしまいます。
早くお金を手元にされたい方には、不向きといえます。

 

不動産担保ローンはこのような方に審査が有利となります

不動産担保ローンは、過去に融資を受けたことが無い方や、借入があっても延滞のない方は審査が通りやすい傾向があります。
逆に、その金融機関のご利用が初めてあっても、他社から借入れがある場合は審査が通りにくい傾向があります。

 

支払いが残っている不動産でも担保が可能

不動産担保ローンに設定する不動産物件は、支払いが残っている事も良くある話です。
不動産担保ローン担保設定の不動産は、ローンが残っていてもOKです。
ほとんどの不動産担保ローンの場合、住宅ローンの残さが購入金額の半分まで減っていれば、ご利用可能となります。
住宅ローンの残債が半分より多い場合、不動産担保ローンの借り入れは難しくなってしまいます。

 

親族の不動産でも不動産担保とする事が出来る

不動産担保ローンは、ご自分がお持ちの不動産だけしかご利用出来ない訳ではありません。
配偶者や両親、兄弟等の親族が持っている不動産でも、不動産担保とする事が出来ます。
この場合、担保提供者を冷帯保証人とする事で融資を受ける事が可能となり、融資を受ける際に銀行に同席する事が条件となります。

 

担保とする不動産の内容が良くない場合は高額の融資を受ける事が出来ない

担保とする不動産は、かなり古かったり山奥など立地条件が悪い場合は、不動産としての価値が低くなってしまうので、高額の融資を受ける事が出来なくなってしまいます。

 

融資の際に前金を要求する業者に注意

近年増えている被害といえば、不動産担保ローンの融資金額を振り込むに当たり、先に前金としてお金を振り込ませるケースです。
金融機関側は信用を図るために前金を振り込むように言うようですが、このような前金制度はメジャーな金融機関では一切行ってはおりません。
前金を請求する場合は不当な業者が多くありますので、このような状態にぶつかった場合は担当者に問い合わせてみると良いでしょう。
腑に落ちない場合は、他の正当な業者を選ぶ事をオススメします。

 

いかがでしたでしょうか。

 

不動産担保ローンは、マンションを担保にして受けられる非常に便利なローンです。

 

マンションやアパートを購入する際は、是非検討をしてみましょう。

マンション担保に融資記事一覧

マンションを担保に融資を受けられる不動産担保ローンはどんな人に向いている?

マンションを担保に出来る不動産担保ローンは、アパートやマンション購入の際にご利用されている方が多くいらっしゃいます。不動産担保ローンはどのような方に向いているのか、ご紹介します。不動産物件を購入したい方文字通り、不動産物件を購入したい方には、不動産担保ローンはとてもピッタリなローンです。手持ち金が少...

≫続きを読む

マンションを担保に出来る不動産投資ローンの融資は複数業者をチェックしよう

マンションを担保に融資が可能な不動産担保ローンですが、金融機関により内容が様々です。不動産担保ローンをご利用の際は、様々なポイントに目を向けて選ぶようにしましょう。不動産担保ローンをご利用の際に目を向けるべきポイントを、ご紹介致します。金利の比較不動産担保ローンは高額の借り入れとなりますので、金利の...

≫続きを読む

マンション担保で融資が可能な不動産担保ローンの融資の流れ

アパートやマンション等に不動産を担保にし融資が可能な不動産担保ローンは、どのような融資の流れとなるのでしょうか。不動産担保ローンの融資の流れを、ご紹介致します。不動産担保ローンに必要な書類をそろえるまずは、不動産担保ローンのお申し込みに必要な書類をそろえます。不動産担保ローンには、このような書類が必...

≫続きを読む

マンションを担保に融資が可能な不動産担保ローンの疑問を解決

マンションやアパートを担保に不動産担当ローンをご利用してみたいけれど、私は受ける事が可能なのかなど、疑問に思われている方も少なくないと思います。不動産担保ローンは名称が難しい感じがしますので、とっつきにくいと思われる方も少なくないようです。そこで、不動産担保ローンにおける疑問を、ピックアップしご紹介...

≫続きを読む