マンション 担保 融資 可能 不動産担保ローン 疑問 解決

マンションを担保に融資が可能な不動産担保ローンの疑問を解決

マンションやアパートを担保に不動産担当ローンをご利用してみたいけれど、私は受ける事が可能なのかなど、疑問に思われている方も少なくないと思います。
不動産担保ローンは名称が難しい感じがしますので、とっつきにくいと思われる方も少なくないようです。
そこで、不動産担保ローンにおける疑問を、ピックアップしご紹介致します。
疑問に思えて二の足踏んでいる方でも、これを読めば不動産担保ローンへのイメージが高まりますよ。

 

不動産担保ローンは相談のみでも問題ないのか

どの金融機関でも、不動産担保ローンに対するご相談だけでも承っております。
イメージが付きにくい場合は、ご相談から始めてみても良いでしょう。
もちろん、ご相談のみで不動産担保ローンをご利用しなくてもOKですので、気軽にお問合せしてみましょう。

 

他人に貸している不動産でも担保は可能なのか

他人に貸している不動産の場合は、不動産の種類や程度により担保が可能なのかが決まります。
金融機関により捉え方が違いますので、まずはご相談をしてみると良いでしょう。

 

親族所有の建物を不動産担保とする事が出来るのか

親族所有の建物でも、不動産担保とする事は出来ます。
その場合、その不動産をお持ちの方に冷帯保証人となってもらわなければいけませんので、同意が必要となります。
また契約の際に金融機関に出向く際、冷帯保証人の方も同席してもらう事を義務付けている金融機関が多くあります。
親族がお持ちの不動産を担保にする場合、その親族が動ける事が条件となります。
よくある事といえば、不動産をお持ちの親族が病気や何らかの問題により動けない場合は、連帯保証人とならない為に担保にできる不動産と審査されない場合もあります。

 

まだ住宅ローンが残っている物件でも担保とする事が出来るのか

ほとんどの金融機関の場合、住宅ローンが残っている不動産物件でも担保とする事が出来ます。
その場合第2抵当権扱いとなりますが、金融機関によっては第2抵当権では受け付けない場合もございますので、事前にチェックをするようにしましょう。

 

借地権付き建物でも担保とする事が出来るのか

借地権付き建物の場合、ほとんどの金融機関では担保として受け付ける事が出来ません。
場合によっては受け付けてくれる場合もありますので、金融機関に問い合わせてみると良いでしょう。

 

古い物件や田舎の物件など条件が良くない不動産でも担保と出来るのか

古い物件や田舎の物件など条件の良くない不動産物件の場合でも担保とする事は可能な場合が大半ですが、査定される融資額は低くなってしまう場合が大半です。
少ない融資金額でしたら融資を受ける事は可能ですので、多くの融資を望まないのであれば条件が良くない物件を担保としても良いでしょう。

 

不動産担保ローンの手続きは必ず店舗に出向かなくてはいけないのか

ほとんどの金融機関の場合、不動産担保ローンの手続きは金融機関に出向かなくてはいけません。
お忙しく店舗に出向くのは困難という方も居るようですが、不動産担保ローンは融資額が大きいので来店せず手続きを行う事はほぼ困難に近いといえます。
中には店舗に出向かなくても手続きを完了出来る金融機関もあるようですが、メジャーで名の知れている金融機関ではそのような事はありえません。
面倒でも店舗まで出向いて、向き合って契約をする事が望ましいといえます。

 

家族に内緒でご利用は可能なのか

担保とする不動産により、ご家族に内緒でご利用が出来るかの判断となります。
不動産を担保とするローンは、ローンの支払い等に問題が発生してしまうと担保とした不動産を失ってしまう事もあります。
ご家族に内緒で不動産担保ローンをご利用をする事は可能といえますが、そのような万が一の際に不動産を失ってしまいますので、内緒にする事は良い事とはいえません。
ご家族が関わっている建物を担保とする場合は、お住まいを失うという事となってしまいますので、良い事ではありません。
どうしてもご家族に内緒で借入れを行いたい場合は、不動産担保ローンよりも他のローンの方が適している場合もあります。
その場合は、金融機関に相談をするようにしてみると、いい案を得る事が出来る可能性があります。

 

金属年収など個人的な部分の評価も影響を受けるのか

不動産を担保としたローンですが、借りる方の属性ももちろん審査で判断されます。
勤続年数や年収なども審査の影響となりますので、当然それらの内容が良い方が審査に有利となります。

 

自営業の運転資金への用途は可能なのか

返済財源が確保されているのであれば、自営業や個人事業主の運転資金の使途でも可能となります。
しかし、不動産担保ローンの中には事業性の資金としてのご利用を禁止している金融機関もございますので、あらかじめチェックして金融機関を選ぶようにしましょう。
わからない場合は、金融機関に問い合わせてみると良いでしょう。

 

支払日を希望する事は出来るのか

金融機関により、支払い日が決まっております。
その為、お客様の方で返済日の選択は出来ません。
返済日は金融機関により異なりますので、どの返済日であれば自分が有利にご利用出来るのか考え、選ぶと良いでしょう。

 

不動産担保ローンで借入れしたお金を一括返済する事は可能なのか

金融機関によりますが、ほとんどの金融機関で全額または一部の繰り上げ返済は可能となっております。
その際、金額に応じた解約料が請求される場合が大半ですので、どれ位かかるのか金融機関に問い合わせをして検討してみると良いでしょう。

 

企業の場合赤字であってもご利用が可能なのか

赤字であっても、その赤字の内容によりご利用が可能なのかが決まります。
その後黒字転向していく事もありますので、一時的な赤字の場合は審査が通る場合もあります。
まずは金融機関に問い合わせをし、判断を仰ぐと良いでしょう。

 

他社の借金がある場合でも利用が可能なのか

不動産担保ローンの場合、他社の借り入れがある方がご利用される理由としては「おまとめローン」です。
その為、他社よりある程度借入がある場合でも、不動産担保ローンのご利用が可能な場合があります。
他社からの借入金額や件数が明らかに多すぎる場合は審査が通らない場合もございますが、おまとめローンを可能としている金融機関は多いので、まずはご相談をしてみましょう。

 

転職して間もなくてもご利用可能なのか

安定した収入があればご利用可能ですので、お申し込みの際に安定した収入があれば審査を受ける事は可能です。
一流企業で収入が良ければ、転職後間もなくても特に問題が無い場合が多くあります。

 

税金の未納があるがご利用可能なのか

税金の未納がある場合は、不動産担保ローンの審査は通らない可能性があります。
金融機関によっては、不動産担保ローンの融資金で納付が可能なのであれば、審査の対象となる場合もございます。

 

いかがでしたでしょうか。

 

不動産担保ローンに興味があっても尻込みされている方は、これらの疑問を把握するとご利用してみようと思われるのではないでしょうか。
不動産担保ローンは不動産を担保と出来るローンですので、マンションやアパート等の不動産をお持ちの方でしたら担保として融資を受ける事が出来ます。
該当するのかなと思ったら、金融機関にご相談をしてみると良いでしょう。

関連ページ

マンションを担保に融資を受けられる不動産担保ローンはどんな人に向いている?
マンションを担保に出来る不動産担保ローンは、アパートやマンション購入の際にご利用されている方が多くいらっしゃいます。不動産担保ローンはどのような方に向いているのか、ご紹介します。
マンションを担保に出来る不動産投資ローンの融資は複数業者をチェックしよう
マンションを担保に融資が可能な不動産担保ローンですが、金融機関により内容が様々です。不動産担保ローンをご利用の際は、様々なポイントに目を向けて選ぶようにしましょう。不動産担保ローンをご利用の際に目を向けるべきポイントを、ご紹介致します。
マンション担保で融資が可能な不動産担保ローンの融資の流れ
アパートやマンション等に不動産を担保にし融資が可能な不動産担保ローンは、どのような融資の流れとなるのでしょうか。不動産担保ローンの融資の流れを、ご紹介致します。